マンションタイプのプロバイダーを比較するときに大切なこと

マンションタイプのプロバイダーを比較するときに大切なこと

マンションやアパートといった集合住宅に住んでる人はインターネットを選ぶときにどんな点に注意をすればいいのでしょうか。

集合住宅に住んでる人はまず集合住宅に回線が設置されているかを確認する必要があります。

通常一戸建ての場合は回線の引き込みからする必要がありますが、集合住宅の場合は管理者側で既に回線を設備している場合があります。

集合住宅内に既に回線がある場合、その光回線を使ってインターネット使う必要があります。

 

もし個別に光回線を引き込む場合は管理者の許可が必要になります。

また退去する際には光回線の撤去が必要になるし、撤去費用や壁の修繕費用などを持つ必要があります。

そのため多くのマンションではすでに光回線を設置している場合、個別の回線の引き込みを断るケースがほとんどです。

 

マンションの回線と個別に引き込む光回線とはどのような違いがあるのでしょうか。

根本的なところでは大きな違いはありませんが、一番の違いは集合住宅内の皆で光回線を分け合うというところです。

光回線を住居者みんなで分け合うということは、光回線の速度低下の可能性が高まるということを意味します。

実際速度低下がトラブルに陥る人の多くは集合住宅の回線を使ってるケースが多いです。

 

こうした懸念からマンションタイプの料金は戸建てタイプの料金と比較しても安くなってるのが通常です。

ではマンションやアパートといった集合住宅に住んでる人がプロバイダーを比較して選ぶときどのような点に注意すると良いでしょうか。

 

まず一つは料金です。

マンションタイプは戸建てタイプよりも料金が安くなってるのが通常です。

そのため料金が比較的安いところを選ぶと良いでしょう。

 

二つ目に契約期間です。

先ほどもお伝えしたようにマンションタイプの光回線は多くの人で利用するため速度低下に陥る可能性が高まります。

その際、改善方法の一つとしてプロバイダーを変更する方法があります。

しかしプロバイダーを変更する際に発生するトラブルの一つが解約金です。

契約期間内に解約すると解約金が発生し、かつ新しいプロバイダーとの契約をすることで余計な費用が発生します。

そのためマンションタイプの契約をする際は契約期間がないところを選ぶのが良いでしょう。

速度低下という改善することができない問題に陥った時に、すぐに退会できるような契約にしておくことがベストです。

 

三つ目に重要なのは速度対策を提供しているかどうかです。

具体的に言うとフレッツ光は光コラボで言えばv6プラスに対応しているかどうかです。

v6プラスは通常のインターネット接続とは方式が違うため速度低下が起きにくいというメリットがあります。

 

v6プラスのサービス自体は無料のサービスですが、必ずプロバイダーとの契約は必要になります。

つまりプロバイダーと契約せずにv6プラスだけを契約するということはできません。

となるとプロバイダーが v6プラスの契約に対応しているかどうかというのが重要になります。

フレッツ光、光コラボを契約する場合は必ずv6プラスに対応しているかどうかを確認しましょう。

 

上記の観点から言えばenひかりはオススメの光コラボです。

v6プラスにも対応しているし月額料金も安い。

マンションタイプの契約には打って付けの契約と言えます。

 

またKDDIの回線はフレッツ光とは一線を画しているため速度低下が起きにくいというメリットがあります。

そのためマンションタイプの人は思い切ってKDDIのauひかりに変更するというのも一つの手です。

 

このようにマンションタイプの光回線を使う人にとっては戸建てタイプの回線よりも、速度低下の対策には神経を費やす必要があります。

マンションタイプの光回線の選び方を間違えると余計な費用が発生するはめになります。

低価格のプロバイダーを選ぶことはもちろんですが、特に契約期間の有無、速度対策のこの2点は要注意すべきです。

プロバイダーの比較選択に悩んだら比較サイトはいろいろあるので参考にしてみてください。