他プロバイダーを比較して見えてきたauひかりのメリット

他プロバイダーを比較して見えてきたauひかりのメリット

一般的に多くのユーザーは光コラボフレッツ光といったNTT回線を主体としたインターネットのサービスを使ってる人が多いことでしょう。

それらのサービスと一線を画しているKDDI提供もauひかり。

フレッツ光ほどではないですが提供エリアもそれなりに広くNTT系のサービスについで多くのシェアを持っています。

auひかりの特徴またフレッツ光や光コラボにはないメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

 

auひかりの一番のメリットは競合が少ないことです。

NTTの回線で言えばフレッツ光と光コラボです。

一概に光コラボと言ってもソフトバンク光やドコモ光、OCN光、so-net光プラスといった多くの事業者がひしめきあっています。

こうした多くの事業者がひしめき合っているため、フレッツ回線の利用者は多く回線の奪い合いが生じているのが現状です。

奪い合いと言うと大げさですが、実際多くの利用者が光コラボを使ってるのが実情です。

良く言えばユーザー数が多くシェアが広いと言えますが、デメリットで言えば輻輳が起こりやすいということです。

輻輳とは回線が混雑することを意味します。

 

多くの場合、光回線の速度低下の問題というのはこうしたフレッツ回線系のサービスを使っている人によく起こる現象です。

この点、auひかりは回線を使っているユーザーはauひかりのユーザーのみとなっているので回線の奪い合いというのはおきません。

そのため輻輳に陥ることも少なく、速度低下の問題もフレッツ系の回線に比べると起きにくいというメリットがあります。

こうしたことから光コラボなどで速度低下になっている人がauひかりに切り替えるということも多々あります。

 

もう一つのメリットはauひかりのホームゲートウェイです。

auひかりのホームゲートウェイのメリットはケーブルを繋ぐだけでインターネットが使えるという点です。

フレッツ系のサービスの場合PPPoE設定が必要になることがあります。

PPPoE設定とは簡単に言うと、プロバイダーから提供される接続に必要なIDやパスワードでインターネットを接続する方法です。

auひかりではこのような設定が不要となります。

そのため接続が苦手な人はLAN ケーブルを繋ぐだけで接続できるってとても簡単で素早くインターネットを使うことができます。

このようにauひかりはフレッツ光や光と一線を画した回線のため、フレッツ光で速度低下に落ちた場合受け皿となりえます。

 

ここまではauひかりのメリットを見てきましたがデメリットは存在するのでしょうか?

当然auひかりにもデメリットが存在します。

 

一番のデメリットは解約の際に回線撤去料が発生することです。

戸建てタイプの方限定にはなりますが、auひかりを解約する際必ず回線撤去費用が発生します。

その費用は高額で28800円なっています。

 

このような費用が発生する背景には回線の維持費の問題があります。

これまでは回線撤去はユーザーの選択に委ねられてきました。

しかし回線を残しておくということはそれだけ維持費が発生します。

回線を残して置けば置くほどこの維持費は高くなってきます。

そのため回線撤去してこの維持費を抑えようとするのが狙いです。

 

また撤去には工事担当者が作業をするので当然その費用が発生します。

そこに費用は発生するという流れです。

このようにauひかりは解約時に多額の費用が発生するというデメリットがあります。

 

万が一、契約期間でなければ解除料金も発生するのでその金額は莫大です。

しかしこうしたデメリットはあくまで解約した場合の話です。

戸建ての契約をしている方で今後引っ越しの予定もなく解約する予定もないのであれば、これらの金額は発生することがないためデメリットはほぼほぼないと言っても良いでしょう。

このようにauひかりにはデメリットも伴いますが、インターネットを快適に使うという点においては優れたサービスと言えるでしょう。

速度低下を避けたい方やインターネットの接続に苦手意識を持っている方はauひかりを契約するのも良いと思います。

 

auひかりだけでなく、フレッツ光や光コラボといった光回線にはメリットもあればデメリットも存在します。

大切なのはインターネットのユーザーであるあなた自身が メリットが欲しいのかそしてどんなデメリットなら許容できるのかを判断する必要があります。

その上でご自身に見合ったプロバイダーを選ぶのが良いでしょう。